« チマローザ『秘密の結婚』 | トップページ | ルベル『四大元素』 »

2012年8月18日 (土)

ハッセ『クレオフィード』

Cleofide

J.A.ハッセのオペラ『クレオフィード』クリスティ指揮、カペッラ・コロニエンシス・・・こちらはCDです。(CAPRICCIO 7080)ドイツのハンブルクに生まれたハッセは、生涯、ドイツとイタリアの間を何度も行き来しながら、音楽を書きつづけました。とくに、彼の本格的なイタリア・オペラは、ドイツで人気があり、同時代のあの大バッハをも凌ぐ、売れっ子でした。
バロック・オペラの神髄は、徹底した様式美の追求にありますが、その点では、ヘンデルのほうがはるかに洗練されていて、それに比較するとハッセのオペラはやや冗漫な印象を受けます。
しかし、このCDの売りは何といってもその豪華な歌手陣でしょう。カークビー、メロン、ヴィス、リー・レイギン・・・まさに大スター夢の競演です。そして指揮がクリスティというのだから文句のつけようがありません。それだけでも十分聞かせる演奏になっています。

WEBサイト「文芸工房ARSPOETICA」はこちら

« チマローザ『秘密の結婚』 | トップページ | ルベル『四大元素』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589005/55450534

この記事へのトラックバック一覧です: ハッセ『クレオフィード』:

« チマローザ『秘密の結婚』 | トップページ | ルベル『四大元素』 »